日本国国旗

在モンゴル日本国大使館

Embassy of Japan in Mongolia

文字サイズ変更

広報文化

 

国費外国人留学生度

若者同士の国際交流は、将来の日本と各国との相互理解を強固なものとする上で極めて重要です。とくに留学生交流は、日本と諸外国との友好親善や対日理解の促進、日本の高等教育機関の国際化や地域社会の活性化、世界各国の将来を背負う人材の育成といった様々な重要な側面をもっています。日本は、世界各国の若者たちが日本に留学することを歓迎します。在モンゴル日本国大使館は、日本の文部科学省による国費外国人留学生の募集や選考を行っています。

 
モンゴルにおける国費外国人留学制度の概況については、こちらのページをご覧下さい。
国費外国人留学生の募集については、下記のページをご覧下さい。

国際交流基金事業

国際交流基金は文化交流や日本語教育に関する個人や組織をサポートするために、各種助成を含むプログラムを展開しています。モンゴル国からの応募の場合、窓口は在モンゴル日本国大使館になります。募集の詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
 

日本語教育・日本研究振興支援事業

諸外国の人々が日本語を学ぶことは、日本の文化や社会に対する幅広い理解につながります。在モンゴル日本国大使館は、国際交流基金との協力のもとモンゴルにおける日本語教育への支援活動を行っています。
 
・日本語能力試験(JLPT)、日本留学試験(EJU)
モンゴル国では学習した日本語の到達度を客観的に測定・認定する日本語能力試験、日本の大学などで必要とする日本語力及び基礎学力を評価する日本留学試験が、それぞれ年に2回行われています。試験の概要についてはそれぞれ次のページをご参照ください。日本語能力試験(JLPT) 日本留学試験(EJU)
モンゴルにおける受験申し込みや試験のスケジュール等については、身近な日本語の先生にお尋ね下さい。
 
・スピーチコンテスト
日本語を学習する高校生・大学生が、その学習成果を発揮する場として毎年開催しています。
第24回スピーチコンテストの様子
 

JENESYS

JENESYSは、日本とアジア大洋州の各国・地域の若者を日本に招待し、日本に対する理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の魅力等について積極的に発信してもらうことを目指すプログラムです。
 

JETプログラム

JETとは、Japan Exchange and Teaching Programmeの略称です。外務省、文部科学省、総務省が地方自治体と協力して、諸外国の若者を日本に招待し国際交流のために働く機会を提供する事業です。
モンゴルからは日本の地方公共団体に国際交流員として派遣が行われています。国際交流員は、モンゴルと姉妹自治体提携がなされている自治体で国際交流活動(外国からの訪問客の接遇、外国語刊行物の翻訳、イベント等の際の通訳、国際交流事業の企画・立案及び実施にあたっての協力・助言等)を担う国際交流部局の職員です。
 
平成31年度プログラム(応募は締め切りました)
JETプログラムHP
姉妹自治体の提携に関する詳細は自治体国際化協会HPをご参照ください。
 

草の根文化無償資金協力

 草の根文化無償資金協力は、地方公共団体、NGO等開発途上国のいわゆる草の根レベルに直接援助を行うことで、よりきめ細やかな援助の実施を目指したものです。
草の根文化無償資金協力スキームの詳細はこちらをご参照ください。

 モンゴルでは平成27年度までに6件、累計総額412,580米ドル相当の協力が実施されています。
草の根文化無償資金協力の対象となる機関、案件、申請方法はこちらをご参照ください


供与実績

会計年度 案件名 供与限度額(米ドル) 贈与契約締結日
2005年 中央文化宮殿音響機材整備計画 83,590 2006.01.16
2006年 ヘンティー県アウラガ遺跡保護柵建設計画 67,984 2006.12.21
2007年 モンゴル文化教育大学日本語学習機材整備計画 14,515 2008.02.14
2007年 モンゴル子供宮殿照明・音響機材整備計画 69,774 2008.02.14
2014年 西部地域柔道トレーニングセンター整備計画 92,278 2015.03.04
2015年 子ども芸術センター改修計画 84,439 2016.03.29
2017年 ウランバートル市チンゲルテイ区第23番実験学校日本語学習環境改善計画 68,022 2018.03.07
 

在外公館後援名義申請

モンゴル国内で各種事業を企画されている団体で、在モンゴル日本国大使館の後援名義の使用を希望される場合は、こちらをご覧下さい。
 

日本関連資料貸出

在モンゴル日本国大使館広報文化班では、日本紹介のための資料・物品の貸出を行っています。貸出は日本文化紹介イベントなどでの使用を目的とするもので、団体に対してのみ行います。当館で保有している資料・物品には次のようなものがあります。
・日本文化紹介物品(浴衣・はっぴ、書道具、紙芝居セット、伝統玩具セット、食品サンプル等)
・日本紹介ビデオ、CD、書籍
・日本語能力試験対策問題集(問題集一覧はこちらをご覧下さい)
【提出書類】広報・文化啓発品借用申請

貸出に際しては、事前に当館広報文化班までお問い合わせください。お問い合わせは貸出希望日の前営業日まで、10:30~13:00, 14:00~17:00の受付となります。

お問い合わせ

在モンゴル日本国大使館広報文化班  
電話:+976-11-320777

メール:public.diplomacy-section@ul.mofa.go.jp (広報・文化・教育関係)

おすすめ情報

YOKOSO Япон 2019

Tremendous Japan 2017 No.1