「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画」機材供与式

2021/12/3
1 引渡しの様子
2 抗原検査キット
 12月3日、日本の無償資金協力「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画」の下で供与された医療機材の第一陣である日本製抗原キットの引渡式を当館で開催し、小林大使及び田村JICAモンゴル事務所長からエルデムビレグ保健省事務次官に同キットを手交しました。
  本年7月、我が国はモンゴル政府との間で「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画」の実施に係る8億8300万円を限度とする無償資金協力に係る交換公文に署名しました。同支援計画の下では、モンゴルが必要とする(1)ワクチン輸送用保冷機能付き車両、(2)ワクチン輸送トラック、(3)ワクチン運搬用のポータブル冷凍庫、(4)医療廃棄物処理セーフティボックス、(5)ワクチン接種情報登録用パソコン端末、(6)追加抗原検査キット、(7)スパイロメーター(呼吸機能検査機器)、(8)変異株等の測定も可能なシークエンサー等が供与されます。
 本日開始された医療機材等の支援がこれまでの関連の支援と同様に、モンゴルの新型コロナウイルス感染症対策に効果的に活用されることを願っています。
 
3 ワクチン輸送用保冷機能付き車両
4 疫学調査用機器
5 挨拶する小林大使
6 挨拶するエルデムビレグ保健省事務次官
7 挨拶する田村所長
8 インタビューを受ける小林大使