平成30年天皇誕生日祝賀レセプション

2018/12/3
  11月29日,高岡正人駐モンゴル日本国特命全権大使の主催により天皇誕生日レセプションが行われました。各界から約380名の招待客が参加する中,両国国歌の斉唱は本年度の外務大臣表彰を受章されたモンゴル国立馬頭琴交響楽団とモンゴルを代表するオペラ歌手であるB.エンフナラン氏とG.シジルボルド氏により行われました。
  次いで,高岡大使とツォグトバータル外務大臣による祝賀挨拶,オチルバト初代大統領、ソドノム元首相の他,閣僚,国家大会議議員等も交えた鏡開き,ボルド・モンゴル日本議員連盟副会長(国家大会議議員,元国防大臣,元外務大臣)による乾杯が行われました。
  高岡大使は,平成最後の天皇誕生日レセプションであることに触れつつ,平成の30年間に重なるモンゴルの民主化・市場経済化の発展に日本が最大のドナー国として支援してきたことを強調し,モンゴルが多くの改革を成し遂げ,ASEMサミットの開催や国連PKOへの積極的な参加するまでになったこと等について称え,日モンゴル関係は戦略的パートナーシップのレベルまで深化したとモンゴル語で述べました。
 
祝賀挨拶を行う高岡大使

    祝辞を述べるツォグトバータル外務大臣

両国の国歌を斉唱するエンフナラン氏とシジルボルド氏

  両国国歌を演奏するモンゴル国立馬頭琴交響楽団

                              鏡開き、ヨイショ!


  乾杯の挨拶をするボルド・モンゴル日本議員連盟副会長
 
 
宮崎県都城市による宮崎牛のPR
           会場に詰めかけた来場者