「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画」に関する書簡の署名・交換

2021/7/8
a
  7月8日、小林大使とジャブフラン・モンゴル大蔵大臣との間で、供与額8.83億円の無償資金協力「新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画」に関する書簡の署名・交換を行いました。

   今回の協力は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けるモンゴルに対し、変異株を特定できるシーケンサーやワクチン輸送用保冷機能付き車両等のコールド・チェーン関連機材を供与するものです。

   我が国は、UNICEFと連携し約235万回分のワクチンをモンゴルに供与する等二国間での協力に加え、国際的なワクチン調達メカニズムであるCOVAXファシリティの形成を主導し、既に合計2億ドルを拠出するとともに、先般8億ドルの追加拠出を発表し、国際社会全体のワクチン接種促進に貢献しています。

   今回のモンゴルに対する無償資金協力は、モンゴルにおけるワクチン接種計画の促進を中心とするモンゴルの新型コロナウイルス感染症対策を後押しするものです。