草の根・人間の安全保障無償資金協力による モンゴル盲人協会への点字機材引渡式

2021/2/10
a テープカット(左からゲレル会長、小林大使、バトゾリグセンター長)
a ゲレル会長から感謝状贈呈
  2月4日、草の根・人間の安全保障無償資金協力によって実施されたモンゴル盲人協会への点字機材支援に関し、引渡式が小林大使、D. ゲレル同協会会長らの出席の下、同協会において行われました。
  今回の支援の下で、同協会に対し、点字プリンター5台、点字プリンター用ソフトウェア5セット及び点字ディスプレイ8台が供与されました。ゲレル・同協会会長は「今回の支援について日本の国民の皆さまと日本の政府に感謝いたします。」と述べるとともに日本の官民によるこれまでの様々な支援がモンゴルの視覚障害者の生活を向上させる上で役立っていることに感謝が表明されました。
  同協会は、国内において唯一の点字印刷できる正式な機関ですが、これまで需要の半分以下しか点字印刷物を供給できない状況でした。
  今回の支援により、同協会では現在の約2倍の点字印刷が可能となり、モンゴル全国の視覚障害者の文字情報へのアクセスが改善されることになります。
 
a 供与された点字プリンター
a 供与された点字ディスプレイ
a 点字印刷のデモンストレーション
a 意見交換