トップページ広報文化>留学生交流

 

日本政府(文部科学省)奨学金留学制度について

留学生交流・概況資料

帰国留学生支援

日本留学試験(EJU)

留学情報サイト

 

 

留学生交流・概況資料

世界の明日を担う若い世代の交流は、将来の日本と各国との相互理解を強固なものとする上で、極めて重要です。中でも、留学生交流は、日本と諸外国との友好親善や対日理解の促進、日本の高等教育機関の国際化、地域・企業の活性化、及び開発途上国の将来を背負う人材の育成といった様々な重要な側面をもっています。日本は、このような観点から、世界各国の若者たちが日本に留学することを歓迎し、留学生交流を推進しています。

 

モンゴルとの留学生交流は、1974年の文化交流取極締結を受け、1976年に初めてモンゴル人留学生1名を研究留学生として受け入れました。

以降、毎年1、2名を受け入れる状態が続きましたが、モンゴルでの民主化により両国の関係が急速に発展したのに伴い、モンゴル人留学生の受入数は急激に伸びており、2010年5月1日現在で1282名が日本の高等教育機関に在籍しています。これは出身国(地域)別で見ると11位に位置しています。

 

留学生受入の概況(日本学生支援機構HP)外部

2014年度留学生交流関連資料(当館により作成)pdf

留学生交流の推進(文部科学省留学生交流HP)外部

 

 

帰国留学生支援

モンゴルでは日本に留学して帰国した多くの留学生が、産官学様々な分野で活躍をしており、2012年6月の総選挙により発足した新政権では日本からの帰国留学生2名が閣僚の要職に就いています。

在モンゴル日本国大使館では、モンゴル帰国留学生のJUGAMO会(Japanese University Graduate Association of Mongolia)と協力し、さまざまな帰国留学生支援事業や在留邦人との交流事業等を実施しています。

 

 

日本留学試験(EJU)

日本国大使館は、日本学生支援機構日本留学試験のモンゴルにおける実施に協力をしています。

日本留学試験は、外国人留学生として、日本の大学(学部)等に入学を希望する者について、日本の大学等で必要とする日本語力及び基礎学力の評価を行うことを目的に実施する試験です。

なお、日本留学試験の過去問題集は、モンゴル・日本人材開発センター図書室にて閲覧可能です。

実施月:6月/11月 (年2回)

願書受付:2月~3月/7月  ※受験には申し込みが必要です。

受験科目:日本語、数学、理科、総合科目

奨学金:EJU成績優秀者は「私費外国人留学生学習奨励費」¥48,000/月の給付予約ができます。

詳細は、日本留学試験Webサイト(JASSO)をご覧ください。

 

 

留学情報サイト

 

STUDY IN JAPAN (日本留学総合ガイド)

独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)

 

日本大使館では、日本への留学希望者に対し、大学・学校案内、奨学金案内、日本留学紹介ビデオ、留学案内パンフレット等の情報を提供しています。

また、例年秋に日本学生支援機構、モンゴル・日本センターと共催で日本留学セミナーを開催しています。


上記以外で日本留学に関する情報をご希望の場合は、下記メールアドレス宛にご相談ください。

日本大使館 広報・文化班 public.diplomacy-section@ul.mofa.go.jp